比較的リーズナブルな多摩エリアの霊園

カレンダー

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メニュー

2017年08月08日
宗派に関係ない霊園もありますを更新しました。
2017年08月08日
自然がたくさんでお年寄りにも優しいですよを更新しました。
2017年08月08日
お墓参りをするたびに良い空気が吸える霊園を更新しました。
2017年08月08日
比較的リーズナブルな多摩エリアの霊園を更新しました。

多摩の霊園の費用について

お墓というと、小さいところから大きなものまで様々なものがあります。お墓について、そんなに興味がないと言う人でも必ず準備をすることが必要となるので、知識として持っておくことがいいですね。その時、霊園を選択することがベストです。霊園では、管理をしてもらうことが出来ることと、そこに行くまでにとても便利に整備されているからです。
そのことから、お墓を霊園に建てると言う人が多くなっています。それは、東京でもその傾向があります。しかし、東京の霊園では、高い、あまり場所がないと言うイメージがあります。その点、東京の中でも、比較的リーズナブルな価格で手に入れることができるのが、多摩の霊園です。多摩の霊園は、そこにお墓を購入する時、お墓の費用、その土地の永代使用料、管理費用が必要となります。
その管理費用は、年間で支払うところが多くなっています。これを東京の都心で見つけるとなると、莫大な費用が掛かってしまいます。そのため、近くがいいと思っても、費用の事を考えると多摩の霊園あたりがいいという人が多くなっています。多摩の霊園だと、200万円から300万円のところが一般的となっていてかなり格安で見つけることができます。

お墓のタイプにこだわる人が増えた

お墓にかかる費用はさまざまですが、墓地に墓石を建てる一般墓の場合、墓石の代金と墓地を使う永代使用料の全国平均額は200万円弱です(2015年と2016年)。一方、樹木葬の場合、初期費用は40万円以下で、毎年の管理料は不要です。お墓といえば「墓地に墓石(墓碑)を建てて、先祖代々守っていくもの」という観念が強いかもしれません。しかし、最近は樹木葬(樹木墓)が人気です。
樹木墓とは、墓標の大木の周りに100体規模で納骨するタイプで、小高い丘のような場所に墓の目印となる樹木を植え、その周辺に納骨、埋葬する墓のことです。このように、お墓を選ぶ際には自分なりのこだわりを重視する人が増えています。ある出版社の2016年の調査では、墓地霊園を選ぶのに一番重視した要素として「一般墓か樹木葬かなど、お墓のタイプ」が全体の23.4%と最も多いのです。
「お墓参りへの交通アクセスのよさ」が18%、「園内の雰囲気」が12%でした。一方で「金額を重視」という回答は全体の9.6%。より多くの人が、お墓のタイプなど自分の好みを大事にしています。こうした利用者のニーズを反映して、樹木葬が東京都の多摩地区の霊園で導入されています。また、樹木葬の場合、100体規模で納骨できるので、墓地の過密状態を緩和する目的もあるようです。

Copyright(C)2017 自然に囲まれたバリアフリー設計が特徴の多摩エリアの霊園 All Rights Reserved.